Student International Center

活動紹介

主な活動

学生国際センターではこれまでSPWDと言われるシンポジウムの開催や、創大祭・留学生喫茶への参加や展示、CPPを開催するなど、様々な活動を行ってきています。また昨年からはセンター内で学ぶだけでなく、教育学部の大崎先生に勉強会を開いていただき、教育国連について学んでいます。
以下、近年おこなってきた活動の一部を紹介します。それ以外の活動はセンターの歴史年表をご覧下さい。

今年度は様々な団体と合同で研究文集を製作します!

Student Peace Worker Day (SPWD)

画像  これからの日本・世界を担う私たち『学生』が国際問題等について共に”学び”、平和への想いを”語り”、様々な人と”触発”し合うイベントです。つまりStudent Peace Worker Day(SPWD)とは学生が平和について考え、話し合い、啓発し合うシンポジウムです。

 参加者一人ひとりが平和の行動者”Peace Worker”となることを目的として開催されてきました。

 シンポジウムは開会式、分科会(プレゼンテーション・ディスカッション)、Starting Ceremonie(レセプション)という構成で開かれてきました。

Conversation Partner Program (CPP)

画像 Conversation Partner Program(CPP)とは留学生と日本人がペアを組むことによって、留学生の日本語能力の向上をサポートすると同時に、共に相手や文化のことを知ることによって友情を築いていくことを目的としたプログラムです。

プログラム内でハロウィンパーティーを開いたり、立川昭和記念公園への遠足に行ったりなど、楽しいイベントが盛り沢山です♪


留学生喫茶

画像 留学生喫茶とは創価大学にいる留学生が日本人スタッフと協力して、各国・地域の伝統料理を出したり、昼コンサートを行ったりする創大祭行事です。

学生国際センターは留学生喫茶が始まった当初から関わっている団体であり、現在でも毎年数名が日本人スタッフ、または役員として留学生喫茶に参加しています!

inserted by FC2 system